スキンケア商品

ボタニカルコスメA'kinのクリームは、春夏向きの重たくないクリーム。

成分も抽出法もユニークな、付け心地の軽い
ボタニカル&ビーガンコスメA'kinのクリーム。

「ビーガンコスメ」って、聞いたことありますか?

動物実験を一切せず、動物の副産物である蜂蜜なんかも使わずに作られた化粧品です。

オーストラリア生まれのA’kin(エイキン)は、ビーガンコスメ(ヴィーガンコスメ)。

動物の生態を守るために、ヤシ油なども使用していません。

リサイクル可能な容器を使って、環境保全にもこだわっています。

うわべだけでなく、徹底的に自然派にこだわったブランドなので、肌の上に乗せるスキンケアで、ビーガンコスメを選ぶ人が増えつつあるそうですよ。

日本初上陸の新ブランドなので、ロクシタンやメルヴィータなど、オーガニック化粧品、自然派コスメが好きな方は、要チェックですよ。

公式サイトの情報もチェックしてみてくださいね↓

 

A’kin(エイキン)は、植物化学者と開発したブランド。

【A’kin(エイキン)】は、植物化学者ウィル・エバンスと共同で研究されました。

植物学者が、肌本来の力を引き出す植物を調合しています。特長的な成分は、

ミネラルが豊富な“飲む点滴”と呼ばれるココナッツウォーター

肌を外的刺激から守るグリーンティー

酸化を防ぐホホバオイルやアポガドオイル、アロエベラオイル など。

 

植物の有用成分をこわさない抽出法

植物由来の成分を使っているナチュラル派化粧品は、珍しくありませんよね?

A'kinのこだわりは、二酸化炭素抽出(Co2抽出)という方法を採用していることです。

フェインレスコーヒーをつくる時に使われている方法ですね。

この方法だと温度変化を加えずに抽出できるので、オイルやエキスの有用成分を保つことができるんです。

しかも、酸素に触れないので、酸化しやすいオイルも、フレッシュな状態で使い始めることができます。

ただ、手間がかかるので、採用しているブランドはほとんどありません。

植物の有用成分が純粋で高濃度、しかも劣化が少ない製品なんです。

オーガニック化粧品より、さらにこだわった製法で作られています。

 

植物が肌に水分と栄養を補給してくれるクリーム。

これからの季節にぜひ試してほしいのは、ハイドレイティング デイクリーム リプレニッシング ナイトクリームです。

クリームが、DAY(日中用)とNIGHT(夜用)に分かれているんですね。

なぜ2種類に別れているかというと、機能と成分が違うからです。

比較してみると、色もテクスチャーも違います。

 

日焼けと肌の酸化に強いDAY CREAM(ハイドレイティング デイクリーム )。

特長は、

日焼けと肌の酸化を防ぐマカダミアオイルの分量がNIGHT CREAMより多い。

肌のバリア機能を高めるアロエベラオイルが配合されている。

日中の刺激から肌を保護するグリーンティが配合されている。

ミネラル豊富なココナッツウォーターをたっぷり配合してある。

べたつきがなく、さらっとして肌に浮かない処方。

塗ってみると、するっと溶けて肌の上で消えてしまいました。

「ラメラ構造」という肌とほぼ同じ構造になっているので、あっというまに角質層まで浸透します。

クリームを、肌がゴクゴク飲んでいく感じです。

「ハイドレーティング」は、水分を補給するという意味ですが、

実際に、植物成分が肌に水分を補給してくれているそうです。

 

イングリッシュガーデンにいるような、すてきな香りがします。

A’kin(エイキン)の製品は、パラベン、サルフェート、 シリコン、鉱物油、混合物、合成着色料、保存料、 人工芳香剤など、化学的なものを使っていません。

だから、純粋で美しい香りがするんですねー。これは本当に素敵な香りです。

 

保湿力の高いNIGHT CREAM(リプレニッシング ナイトクリーム)

「リプレニッシング」は「補充する」という意味です。

就寝中の肌に必要な成分を、オーガニックココナッツウォーターやアボカド油が補給してくれます。

DAY CREAMよりも、アビシニカオイル、アボガドオイル、ホホバオイルを多く使っているので、保湿力がより高くなっています。

テクスチャーも、DAY CREAMよりしっかりしています。

でも、伸びがよく浸透性がいいので、しっかりした成分構造なのに肌になじんでくれます。

そして、重たい感じがしないので、つけたあと気持ちよく眠れます。

 

翌朝の肌がもちもちして滑らかくなっているのは、角質層まで成分が届くからなんですね。

クリームは水分を閉じ込めるだけのものだと思っていましたが、

乾燥が気になる私としては、「水分を補給してくれるクリーム」という点が気にいりました。

 

春夏もクリームを塗らないと、劣化が早まります。

肌の乾燥が気になる年代は、クリーム選びが保湿&美肌の鍵です。

でも、乳液だけでクリームを塗らない人、けっこう多いみたい。

私も、動物由来の成分だと、肌に重たく息苦しく感じてしまって、ついつい省略してしまいます。

植物性のビーガンコスメ(ヴィーガンコスメ)なら、付け心地が軽いのに効果もしっかり実感できます。

「春夏は、クリームを使わない」という人にもおすすめの、春夏も使えるクリームです。

このブランド、かなり気に入りました。

植物由来の成分からつくられたボタニカルブランド【A’kin】は、要チェックブランドですよ。

error: Content is protected !!

Copyright© 50代、キレイを求めて右往左往 , 2020 All Rights Reserved.