スキンケア商品

【一年使ってよかったベスト3】シワ、ほうれい線に何付ける?編

ほうれい線とシワに困ったとき、私が使うスキンケア

こんにちは。管理人のひこうき雲です。

いつのまにか、ブログを始めて1年が経っていました。

化粧品や美容グッズを実際に試してから記事を書くので、ずいぶんのんびりしたペースになってしまって、ちょっと反省。

でも、一年経って、いろんなブランドを比較しながらわかったこともあるし、

記事を書いた後に使い続けて気づいたこともあります。

そこで、「一年間使ってよかったベスト3」を、いくつかのジャンルで取り上げてみたいと思います。

今回は、私の深刻な悩みの一つ、シワとほうれい線です。

しわ なんとかしたい

夜、「目の周りのちりめんジワがひどい!! ほうれい線が目立つ」と焦ったとき、何を付けて寝るか? 私のベスト3は?

 

第1位 しろ彩セラミドリッチクリーム

明日の朝までに!!というとき、間違いなしの頼れるクリーム

しろ彩リッチクリーム

シワ、ほうれい線に困ったとき付けるもの。

第1位は、文句なしの「白漢 しろ彩 セラミドリッチクリーム」(はっかん しろさい)。

 

元々は、肌の赤味を気にしている方向けのシリーズだったようですが、

シワ、ほうれい線に結果を出すことが口コミで広がったのか、

ほうれい線、シワというキーワードで広告も出ています。

白漢しろ彩リッチクリーム

私がこの商品を試したきっかけは、

「小ジワの気になる人も、肌が敏感で赤味がある人も、肌内部のラメラ構造が崩れている点は共通だ」という話を聞いたからです。

なんとなく使ってみたら、驚きの効果で、ヘビロテして一瓶使い切りました。

 

夜寝る前に、シワ、ほうれい線が目立っていてまずいぞ!!と思ったら…

化粧水をたっぷりつけてから、しろ彩 セラミドリッチクリームを塗ります。

プラセンタがたっぷり配合されているのですが、プラセンタの中でも、海洋生物のマリンプラセンタを使っているので、アクア感が気持ちいいんです。

化粧水を付けずに、いきなりこのクリームを塗ると、アクア感は薄れてしまいます。

しろ彩リッチクリーム テクスチャ

しろ彩には、特許を取得している「肌のラメラ構造と同じ構造100%でクリームを作る技術」が使われています。

肌と同じ構造だから、スーーーーッと角質層まで浸み込んでいきます。

アルコール、パラベン、香料、着色料、鉱物油を使っていないので、匂いも刺激もありません

しろ彩

通常価格7,400円(税抜)ですが、容器は小さめ(30g)。

安くはありませんが、頼りになるクリームです。

公式サイトでは、「定期便」(回数しばりなし。30日間の返金保証付き)で、初回だけ50%オフの3,700円(税抜)送料無料で買えます。

美容専門家が選ぶ賞も取っていて、リピートされるという自信があるようです。

 

正直、なぜ、シワ、ほうれい線にこれほど結果を出してくれるのか、説明できません(笑)

でも、朝起きると、目の周りの小じわは姿を消し、ほうれい線は短くなっています。

【しろ彩】の公式サイトはこちらから>>

 

第2位 トリニティーライン ジェルクリーム プレミアム

水を一滴も加えていない、セラミドの塊のようなオールインワン

トリニティーラインテクスチャ

トリニティーラインは、化粧水、美容液、乳液、クリーム、下地の5つの役割が1つになった、オールインワンです。

オールインワンというと、どの機能も弱い気がしますよね?

私もシワ、ほうれい線、乾燥…といった、50代の悩みに応えてくれるとは思っていませんでした。

 

が、トリニティーラインは、大正製薬の技術で作られた、

モンドセレクション8年連続最高金賞受賞のすぐれものなんです。

 

シワ、ほうれい線にセラミド。

左側の山もりのセラミドが原料の一つです。

注目は、「年齢肌の乾燥は、水分不足ではなくセラミド不足」という考え方。

シワやほうれい線に悩んでいるときは、まず乾燥を疑って、ローションや化粧水、美容液を使いますよね。

でも、「乾燥の原因は、水分ではなくセラミド」という考え方なので、ヒトの肌に存在するセラミドの3.2倍の保湿力を持つ、天然型セラミドを高濃度で配合しています。

 

トリニティライン ジェルクリーム プレミアム

トリニティーライン ジェルクリーム プレミアムは、なんと、水を一滴も加えずに、95%以上が美容成分で作られているんです。まさに、プレミアム!!

 

ただ、「しろ彩」のようなアクア感がないので、化粧水が好きな私は、最初は抵抗がありました。

でも!! これ、シワやほうれい線に結果を出すんです。

テクスチャーは、ジェルというよりも、薄いクリームのよう。

柔らかくて、すごーく、よく伸びます。

トリニティーライン テクスチャ

無香料、無着色、ノンアルコール(エタノール不使用)、ノンパラベン。
アレルギーテスト、パッチテスト実施済みです。
無香料ですが、無臭ではありません。

オールインワンなので、寝る前に疲れている時や旅先でも、思いのほか活躍しています。

ヨーロッパや国内外のホテルって、とても乾燥していますよね。

着いた瞬間から、シワもほうれい線も全開です。そういうとき、トリニティーライン ジェルクリーム プレミアムはとても便利です。

 

第3位 A’kinのオーガニック ローズヒップオイル

化粧水をぐんぐん角質層に運んでいく、脅威のブースターオイル

A’kinローズヒップオイル

シワ、ほうれい線対策で頼りになるアイテム。

それは、夏でもヘビロテしているA’kin(エイキン)のローズヒップオイルです。

cosmos organic認定のローズヒップオイルをベースに、

12種の植物エキスをブレンドしたA’kin最強のエイジングケアオイルです。

 

この美しいオイルを見てください!!

エイキン ローズヒップ

オイルやエキスを温度変化させずに抽出することで、有用成分を保つ二酸化炭素抽出(Co2抽出)を採用しています。

品質がいいので、他社のオイルよりも劣化しにくい。蓋をしっかりと閉めておけば、開封後12ヶ月もちます。

化学的なパラベン、サルフェート、シリコン、鉱物油、混合物、合成着色料、保存料、人工芳香剤を使っていません。

 

エイキンのローズヒップオイルは、水分を肌の角質層に浸透させる手助けをするブースターとして、威力抜群でした。

他のオイルよりも、破壊力があります(笑)

 

洗顔後にオイルを顔全体に伸ばして、

A’kinローズヒップオイル

化粧水をたっぷりと、上から塗ります。

ローズヒップ ブースター

潤いを肌の奥までぐんぐん引っ張っていってくれて、

翌朝、肌がふくふくしています。肌の弾力、手触りが全然違いますよ。

 

A’kinローズヒップオイル

くすみも取れます。

エイキンのローズヒップは、ブレンドの違いで4種類あります。

私が使っているのは、フェイス&ボディ ローズヒップオイル (45ml 5,800円)ですが、一番使い心地が軽いタイプです。

他には、エイジングケア ブースターオイル(20ml 6,200円☜量が少ないです)という、ざくろや、ホホバ、マカダミアなどの植物抽出物に加えて、天然のピーリング作用のある南五味子をブレンドしたA’kin最強の美容オイルもあります。

このオイルと化粧水だけのケアを、3週間続けたことがあります。

肌質は、完全に別物になりました。

しかも、洗顔⇒オイルをスポイドで出して塗る⇒化粧水をバシャバシャ。

これだけの簡単さで、乾燥によるシワとほうれい線は、退治できました。

【A'kin】公式サイトはこちらから>>

 

使ってよかったシワ、ほうれい線対策まとめ

しろ彩やトリニティーラインというブランドは、美容ブログを始めなければ

出会えなかったと思います。

でも、今まで当たり前のように高いお金を出して買っていた、大企業のスキンケア商品よりも

ずっとずっといい結果を出してくれます。

後発のブランドや目的を絞ったブランドは、いい商品をいろいろ持っていると感じました。

しろ彩セラミドリッチクリーム

以前書いた記事はこちらです。

トリニティーライン ジェルクリーム プレミアム

 

A’kinのオーガニック ローズヒップオイル

以前書いた記事はこちらです。

 

シワやほうれい線を改善したいと思っている方、気になるアイテムがあれば、チェックしてみてくださいね。

error: Content is protected !!

Copyright© 50代、キレイを求めて右往左往 , 2020 All Rights Reserved.